誇大広告に注意するポイント

menu

こんなキャッチコピーに騙されるな

私、カトウが言うまでもないでしょう。別れさせ屋に限らず、何を頼むにしても買うにしても誇大広告には注意しなければなりません。別れさせ屋もビジネスを営んでいるわけで、広告を出すこと自体は問題ない。ただ、誇大広告をしてまで依頼につなげようとする姿勢は、どうかと思うんですよね。
結論としては、広告は大げさに表現していることが多いので、それを真に受けないこと。

「別れさせ屋○○年のベテランプロ」というキャッチ

実際には、出来て間もない会社なのに、安心させるためにこのようなキャッチを使う会社がすごく多いよね。中には老舗の別れさせ屋も存在するけど、ほとんどが根拠もない年数を騙っている。最近では、便利屋も別れさせ屋サービスに進出してきて、もう老舗の大安売り。
業界の人間なら分かるけれども、2003年とか2004年以前から別れさせ屋を行っている業者は数社しかない。にもかかわらず、初めて聞くような名前の業者が老舗を騙っている。
嘘かまことか。調べ方はサイトのドメインの年齢を調べてみたり(ネットで調べると方法はすぐ出てくる)、直接法務局に出向いて、会社の登記を調べるなどして自分なりできる方法で裏をとってみることだ。

「マスコミ多数出演」というキャッチ

確かに驚くほどの数、マスコミに出演している業者はある。そういった業者はある意味それが勲章のようなものだから、しっかりと媒体名を明記し、画像も載せている。マスコミからすれば、探偵業界は怪しいもので、万が一にも変なところを取り上げてしまえば、トラブルのもとになりかねない。だから、それなりに信用性のあるマスコミ他社が取材したところは、比較的安全性が高いということで、ある特定の業者にメディアの取材が集中するのだろうね。
ただ、本当にそういった業者はごく僅か。ほとんどが、広告枠で有料で取材をしてもらって、それでマスコミ出演歴と謳っているわけ。しかも聞いたことのないようなメディア。だから、ただ単にマスコミ出演歴という言葉で騙されちゃならない。じっくりとチェックすべしだ。

「成功率100%」や「高い成功率を誇る」というキャッチ

自信満々、思わせぶりなコピーも多いでよね。成功率100%はあり得ない。ここまで言ってしまう業者の神経を疑う。説得力のない営業実績を羅列したり自信満々なことを軽々しく告知している業者はどうかって思うわけですよね。本気で依頼を考えている人は、こうしたコピーの言葉に踊らされないように冷静になって受け止めたほうがいい。

「全国展開」というキャッチ

全国展開って聞けば誰しも、せめて各地方に支社がひとつ、つまり本社を含めて7~8営業所ある。そして、支社であっても、その業者自体の事務所があり、社員が常駐していると思うわけですよ。
だけど、別れさせ屋でここまでの規模を保有する業者ってあったっけなあと。そりゃ、例えば名古屋で月々2~3万円でレンタルオフィスを借りて、電話だけ置いて、実際には本部で転送を受けるって業者はたくさんありますよ。フリーダイヤルにして、分からなくして、直接本部で受けているってパターンもある。これって果たして支社と言えるのか言えないのかってカトウは思うわけですよ。

ちなみに、こんな別れさせ屋もあるんですよね。会社名は複数あるのに実態は一社しかないってやつです。
複数の社名で登記をして、間口を大きく広げてるって戦略なんですね。うまくいけば、別の会社だと思って、一人の依頼人がはしごしてくれます。業者側からすれば、一粒で二度おいしいって結果になるわけですね。料金システムやらを変えているから気づかなかったりする。
全国展開と称した業者や一社が複数者の名前を使い分けしている業者を見分ける方法としては、聞き覚えのある声の人が電話に出るかどうかでチェックするしかありませんよね。前者なら名古屋支社にかけても東京本社にかけても同じ人が出た。後者は違う業者に電話したのに同じ人が出た。こうやって地道にみていくしかないから、大変なわけですね。
カトウなら、電話相談した業者の担当の声を5分程度録音しておく。それくらいやらないと見極められないってことなんですよね。

「安価」を売りにしたキャッチ

低価格を前面に出している場合も、注意が必要ですね。30万円で別れさせができるような記述が書いてあり相談したら、難易度が高い、情報量が少ないとかとかいろいろ言われ、結局は100万円で契約させられた。これなんか典型的で、別れさせ屋の料金は詳しい話をしてみてようやく見積もりが出せるものととらえておくべきなんですね。