こんな人は別れさせ屋を利用するべき

menu

別れさせ屋を利用すべき人とは

自分の欲のために、別れさせ屋にお金を払って、人としてどうなのか。
カトウも依頼に踏み出すまで、自分の中にある道徳や常識を持ち出しながら、こんな葛藤と戦ったわけですね。結果、綺麗事を言っても始まらない。自分がどうしたいかで決めよう。しょせん恋愛ごとに綺麗も汚いもない。そう言い聞かせましたね。

カトウが迷いを捨てられた理由

私、カトウが迷いを吹っ切った大きな理由の一つが、別れさせ屋工作は絶対的なもんじゃないってこと。多額の費用をかけて失敗することだってたくさんあるだろう。半分成功、半分失敗なんて終わり方もあるはずでしょ。
絶対的なものだったら、逆に怖い。金さえ払えば、人と人のつながりを断ち切ることができ、自分の思い通りになるわけだし。そうなると神様の領域で、足を踏み入れてはいけないような気がして、人間関係で何かあればお金で解決してって話になってしまうじゃないか。
でも、別れさせ屋工作はそうではない。成功した場合は、別れるべくして別れた。別れた二人に別れる理由があって、そうなったんだと思える。逆に一切別れの理由がなければ別れなかっただろう。
カトウの都合で考えているってことは自覚した上で、このように別れさせを考えられるなら、例え自己の利益のためであっても、利用すべきなんじゃないかな。

道徳や常識を考え出すと、たぶん、いくら考えてもその答えは見つからない。
例えば、DVで苦しんでいる女性がいたとする。このままじゃ殺されかねない、子供の未来も真っ暗だ。そんな女性が別れたいと思って、別れさせ屋を利用するのは道徳に反するのか。
彼氏と別れ話がもつれて、ストーカー化してしまった。つきまとわれている。このままでは事件に発展するかもしれない。別れさせ屋を利用して別れようとすることがいけないのか。警察にも友人にも頼れない。じゃあ、そんな男性と結婚したり、付き合ったりした自分が馬鹿だったと、我慢し続けるのが正解なのかって。

愛人

ただ、一方で立場が違ったらどうだろう。DVと騒いでいるが、俺は妻が言うほど暴力を振るっていない。喧嘩になった時に、ただちょっと胸ぐらを掴んだだけだ。それを自分が被害者でいたほうが有利になるため、大げさに騒いでいて、悪者扱いをされている。
ストーカーなんてしていない。彼女にはお金をたくさん貸していて、別れるなら、返済して欲しいと言っているだけだ。男の言い分はこうかもしれない。
実際に立場が違っていれば、同じ問題でも、その様相が変わってくることはよくあることだと思うわけ。

妻が夫の浮気を知り、浮気相手と別れさせたいと思うことは道徳に反することなのだろうか。自分の家庭を守るために別れさせ屋を利用しようと考えてもいいじゃないか。じゃあ、愛人が夫と妻を別れさせたいと考えることはいけないのか。人様の家庭をぶち壊してまで、自分が幸せになろうとすることは悪なのか。愛人がいる夫と知らないまま結婚生活を続けている妻は幸せか。むしろ離婚したほうが将来的にはプラスじゃないだろうか。愛人にそのようなことを決意させた夫は悪くないのか。夫は愛人に夫婦生活は実質破綻していると過度な期待を持たせてはいなかったか。

別れさせ屋を利用すべき人について、カトウの結論

別れさせる二人からそれぞれ意見を聞くことなんてできない。聞けたとしても、裁判官ではないので、真実や事の善悪だって判断できない。
こう考えていくと、DVの被害者だから道徳に反しないとか愛人だから反すると単純に言えないとカトウは思うんだよね。しかも、別れさせ屋は絶対的なもんじゃない。何が良くて何が悪いか簡単に線引きできるはずもなく、自分がいかに幸せになるかを考えた末の、一つの手段なんだと。
別れさせ屋を利用する人だって、無傷じゃない。金銭的な犠牲からは逃れられない。夫婦を別れさせることに成功して、お目当ての人と結婚できた。しかし、結婚生活を始めてみればこんなはずじゃなかったという結末が待っているかもしれない。
カトウは思う。道徳とか常識を考えるなとは言わないが、自分なりに大義名分があって、自分がより幸せになるために、法律を守った上で動いてみよう。それによって生まれた結果責任はちゃんと負っていこう。そう考えられる人は、別れさせ屋を利用すべきだと思うわけですね。

夫婦

別れさせ屋を利用したいがどうすれば…

カトウの元にはいろんな地域からの相談が来る。
東京、千葉、さいたま、横浜といった首都圏。大阪、京都、神戸、滋賀といった近畿地方。名古屋、岐阜、静岡、浜松といった中部地域。福岡、北九州、熊本といった九州地域。
これらのエリアにお住まいの方からのご相談が多い。やはり人口分布に比例する部分はあるが、多少は県民性もあるように思う。
別れさせ屋や探偵社はやはり東京に多い。一極集中といってもいいだろう。それだけ案件数があるわけですね。地方対応している別れさせ屋もあり、地方の方であっても東京の業者に依頼される方はかなり多い。そして残念ながら地方にはまだまだ別れさせ屋は少ない。そのため経験値も低く、探偵社がオプション感覚でやっているのが現状だ。
地理的なアドバンテージはあっても、経験値や能力が低ければ当然ながら質は落ちる。
かける時間と金額を考えれば多少の交通費や経費は掛かっても、そういったところに頼むよりは対応力や経験を重視した方がいいと思う。
これまでカトウに相談してきた人の都道府県は以下。
北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、山梨、埼玉、東京、千葉、神奈川、静岡、長野、新潟、富山、石川、福井、岐阜、滋賀、愛知、京都、大阪、奈良、三重、和歌山、兵庫、岡山、広島、島根、鳥取、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、宮崎、大分、鹿児島、沖縄。
ただし全国展開と称して、日本中に支社があるように見せかけている業者は要注意だ。
詳しくはこちらを読んでもらいたい。
→ 全国展開にご注意