業者に問い合わせる時の重要チェックポイント

menu

別れさせ屋に問い合わせる時のポイント

電話やメールで問い合わせる段階では、まだある程度気楽なものだよね。ただし、それらの業者の中から絞って面談に行ったり、契約をしたりする可能性があるわけだから、やたらめったらに選んで問い合わせすればいいというものではないよね。それで私、カトウは痛い目にあった。
大手だから信用したという声が多い。人は何をもって大手と判断するのだろうか。ほとんどの人が口を揃えて言うのが、検索したら上位に出てきたからというもの。ちよっとパソコンに明るい人なら知っていると思うが、上位表示させるためのSEOという技術があって、各社それを工夫することにしのぎを削っている。つまり、上位表示されているから大手という単純な話ではないわけだね。検索順位だけにとらわれることなく、しっかりと内容で判断しないといけないってこと。

まず真っ先にやるべきことは、自分が問い合わせしてみようとしている探偵社が行政処分を受けた過去がないか確認すること。
探偵業法違反等があった探偵社は、公安委員会が営業停止命令や廃止命令等を行い公表しているんだよね。営業停止命令の日数とか理由まで記載されている。ちなみに公表の期間は、処分が行われた日から3年間。問題があったからこそ、処分を受けているわけで、これは絶対にやらなくてはいけない。

次いで、以下の順で最低限のチェックポイントの確認をして、問題がなければ、実際にメールなり電話で問い合わせしてみること。

1. 探偵業の届が出ているかどうか確認する。
2. 代表者や責任者の氏名・会社の所在地がサイトに載っていて、かつ実在するかどうか。この際、所在地住所を検索して同じ建物内にレンタルオフィス業者が入居していないかの確認をする。
3. スタッフは社員のみと書かれている一方で、求人欄でアルバイトや登録スタッフ募集をしていたりする場合があるので、矛盾がないかを確認する。
4. HPの内容のトーンが自信に満ち溢れていたら注意すること。工作は実際に知らない人たちに働きかけるわけで、着手する前から自信があるようなことを書いているのはどうかと思う。

これらの最低限のチェックをしてから、実際にメールや電話で問い合わせしてみよう。

メールで問い合わせするときのチェックポイント

別れさせ屋だってはっきり言えば、サービス業の一種。今や医者だの弁護士だってサービス業であると言われる時代なわけで、メールで問い合わせした際に、最低限のことができない探偵社は、私、カトウなら即座に消してしまう。

・レスポンスが悪い。

こちらがメールを送っても一日経っても返事が来ない。
私、カトウはせっかちなので、二時間以上返事がないとイラッとしますが、やはり、レスポンスが悪い業者はちょっとね。依頼する前でも返事が遅いのに、お金払った後ならもっと遅くなる。そう思ってしまうわけですよね。担当者も忙しいでしょう。会社にいつもいるわけではないでしょう。でも、誰か事務所にいるんでしょ?ならば、担当者不在の旨、何時頃に返事をする旨の連絡をすればいいじゃないってことで、サービス業なら当然これくらいはやってもらわないと困る。それすらないと、社員がほとんどいないってことになりますよね。

・文章が下手。

これも苦痛。ただでさえ工作は複雑な説明が多くなる。にもかかわらず、文章が下手だと何を言っているか理解できない。おそらく、その探偵社の中で適任者が対応しているわけで、その人がこうだとその探偵社自体の知的レベルが見えてしまうのですね。工作というものをいかに噛み砕き説明してくれるか。本来なら表現力まで求めたいところだ。

・依頼する側の質問に対してしっかりと真正面から答えてくれるか。

こちらが質問していることに答え漏れしたり、説明を拒否したり、誤魔化そうとしたりしてはいないか。これらの点については、メールをやり取りしながら、チェックすべき。もちろん、依頼者側も相談内容や自分の希望をできるだけ細かく書く必要はある。ただし、こちらは素人なのだから、探偵社側がうまくリードしてくれなくちゃならない。

電話で問い合わせするときのチェックポイント

別れさせ屋工作に関してはやはりメールのやり取りだけでは限界がある。けっこうナーバスな込み入った話でもあるし、やはりメールで聞いたことでも、もう一度電話で直接説明を受けたほうがいい。

電話で問い合わせするときのチェックポイントは次の通り。

・何度電話しても同じ人が出る。

探偵社によって多少違いはあるだろうが、相談に対応できるスタッフは限られているはず。ある程度決まった人が電話対応するのは分かるとしても、毎回同じ人が出ると首を捻りたくなるわけ。そういった探偵社に限って社員50名とか書いてある。50名も在籍してんのに、電話に出る人は毎回同じだと、おかしくないですかってことになる。

・すぐに面談を勧めてくる業者は要注意。

面談でなきゃ詳しく話せないというところもあるが、いざ行ったら契約を迫られるかもしれない。

・高い成功率など自信満々なことばかり話してくる。

成功率の根拠を聞くと、今までの当社の実績やデータからといった具合で、裏付けや根拠が全くない。根拠のない話をされて信じる方も問題だが、私、カトウは、そもそも成功率自体に疑問を抱いている部類の人間。だって、探偵者側の言いたい放題の数字で、どうも人の気持ちに成功率を当てはめるって無理があると思うんだよね。

・よく聞かれないであろう質問を突然してみることで、担当者の技量をはかる。

工作の方法や料金、成功率などよくある質問には流暢に答える。ただ、よくある質問はマニュアル化されていて、それを覚えているだけかもしれない。そこで、あまり聞かれないであろうイレギュラーな質問をぶつけてみて、相手がどのように説明するか見てみるのも手。