依頼後に業者とトラブルになった実例話

menu

別れさせ屋のトラブル実例話

「こんなはずではなかったのに。」
「別れさせ屋に頼んだことで、前より状況が悪くなってしまった。」
このように別れさせ屋に依頼したことで、予期していなかったトラブルに発展するケースも少なくない。だからこそ、別れさせ屋選びがとても重要になってくるわけだ。

≪D 40代男性 広島県在住≫
バツイチのDさんは既婚者女性と交際していて、その夫婦の別れさせを依頼した。
別れさせ屋が提案した方法は、夫側に異性の工作員を近づけて肉体関係を結ばせ、場合によってはホテルに入る二人の写真を使って別れさせるというものだった。
工作員を無事に近づけ、肉体関係を持つこともできた。予定通り、ホテルに入る写真を撮った。そして、その証拠写真を持って、探偵が彼女に見せに行った。探偵は工作員役の女性の婚約者という設定。結婚をする前に男関係がないか調べていたら、あなたの夫とホテルに行ったことが分かった。あなたの夫は一体何を考えているのかと彼女に一部始終を伝えたそうだ。
それを受けてもちろん彼女は夫を責めた。しかし、夫は自分の非は認めたものの、女性の方から近づいてきて、タイミングよく写真が撮れた。しかも、名乗りもしないで婚約者なる人物が現れた。これは絶対に美人局だ。これから脅迫されるか、何かしてくるはずだ。
これを聞いた彼女も不安になって、二人で警察に相談に行った。警察の意見としては、浮気調査するにしても高いお金がかかる。それだけのお金を使って、自分の身分も明かさず、接触してくるのは不自然。反社会的勢力が絡んでいるかもしれないと動き出した。
Dさんにしてみれば、思いもよらぬトラブルである。このことを彼女から聞かされたDさんは、自分に警察の手がのびないかと戦々恐々とする毎日を送っている。

≪E 30代女性 栃木県≫
Eさんは、既婚者男性と不倫している。奥さんには浮気を疑われているが何とかばれないで彼と隠れて関係を続けていた。彼からは子供を理由に、離婚は難しいと言われている。そこで、別れさせを考えて、業者に依頼した。
別れさせ屋は奥さんへ男性工作員を近づけていく方法で進めていた。しかし、あるとき、突然Eさんは彼からこう言われたそうだ。
変な人につけられている。しかも、男性に突然声をかけられて、誘われた。あなた何かしていないでしょうねと俺は疑われた。妻の思いすごしだろうと思っていたが、実際に俺も家の前に変な車が止まっているのも見た。何か裏で変なことしていないよね?妻から俺が犯人扱いされているような状況だし、別れよう。
思ってもみない結果だった。夫婦を別れさせるはずが、自分が別れるはめになってしまった。無茶でバレるような尾行や張り込みを行ったり、疑われるような近づき方をしたりする業者を選んで後悔しても遅い。Eさんはすぐに業者に文句を言ったのだが、Eさんが疑われるようなことをしたんじゃないかと逆ギレされる始末だった。

≪F 40代女性 福岡県在住≫
Fさんは同僚の既婚男性に好意を抱いていた。交際までの関係には進んでいないが、それに近い親密な間柄とも言える。仕事の相談相手としても男性はとても必要な存在である。
そこでFさんは、全国に支社があるという業者に依頼した。本部から一人が加わり、福岡支社のスタッフを管理しながら、工作を進めていくということだった。
着手金100万円、成功報酬50万円という契約内容だった。期間は四ヶ月間で、高い成功率を自信満々説明していたので、依頼をした。
しかし、始まってみたら、報告が全く送られてこない。何をしているか分からないまま一ヶ月が過ぎる。福岡の担当者に尋ねると、東京の本部に聞いてくれ、東京に聞くと福岡だとたらい回しにされ、話が一向に進まない。そして二ヶ月後にようやく中間報告が送られてきたが、あまりの内容の薄さに愕然とする。しかも、奥さんは運転免許がないことを彼から聞いていたのだが、報告には、自宅から車を運転して動いたので追えなかったと書かれていた。写真もなく、これは完全なでっち上げだ。
もう着手金は諦めよう、こんなところに依頼してストレスを抱えるのはやめようと、解約を申し出る。途中で契約を解約しても着手金は返還されないと言われていて、選んだ自分も悪いと、それは仕方がないと思った。
しかし次の瞬間、耳を疑った。業者は途中で解約するのであれば、成功報酬50万円も支払えと言ってきたのだった。このまま続けていれば成功するから、払えという理屈で、それは契約書にも書いてあると主張してきた。よく見ると小さい文字でそのような内容が書いてある。
Fさんは納得がいかなかった。こんな不親切で、しかもでっち上げの報告をしている。成功するはずはない。これだけは認めるわけにはいかないと弁護士に相談した。そして、弁護士が電話をするとあっさりと業者は成功報酬を諦めた。
途中で契約をやめただけでも業者にとっては得なのに、成功もしていない報酬を求めてくる。これには本当に驚いた。

カトウの経験でも、契約が一方的な内容で業者サイドが有利になっていることがほとんど。しかし、消費者契約法で、本来であれば、依頼者の方が強いはず。泣き寝入りすることは、新たな被害者を生むことにもなりかねない。不当なことを言われたら、警察や弁護士に相談しよう。